• HOME
  • 塗装職人ブログ
  • 【店長ブログ#8】自分で外壁を高圧洗浄しても良いの?高圧洗浄する前に知っておきたい5つの注意点

ブログ

2024/06/21店長ブログ【店長ブログ#8】自分で外壁を高圧洗浄しても良いの?高圧洗浄する前に知っておきたい5つの注意点

自分で外壁を高圧洗浄しても良いの?高圧洗浄する前に知っておきたい5つの注意点

 

皆さん、こんにちは!岐阜県大垣市の外壁・屋根塗装専門店、塗りかえ工房の女性店長、寺澤です。

外壁、屋根塗装の際に欠かせないのが高圧洗浄。 最近は家庭用の高圧洗浄機も種類が豊富で、洗車時などに使用している方も多く、中には自分で外壁を高圧洗浄してみようと考えている方もいらっしゃると思います。しかし、適切な方法で高圧洗浄を行わなければ、外壁を傷つけてしまう可能性もあります。そこで今回は、自分で外壁を高圧洗浄する前に知っておきたい5つの注意点をご紹介します。

 

 1.水圧に注意する

高圧洗浄機は、強い水圧で汚れを落とします。しかし、水圧が強すぎると、外壁の塗装を剥がしたり、コーキングを傷めたりする可能性があります。外壁の素材や状態に合った水圧を使用することが重要です。

 

 2.飛散防止対策をする

高圧洗浄を行うと、思いがけない距離まで水が周囲に飛び散ることがあります。近隣住宅への迷惑を避けるために、ブルーシートなどで飛散防止対策をしましょう。

 

 3.高所の作業は避ける

高圧洗浄時は足元も周囲も濡れるため、通常より滑りやすくなります。高所での作業は大変大変危険です。脚立などを使って無理に作業するのではなく、専門業者に依頼することをおすすめします。

 

 4.事前に外壁の状態を確認する

塗装が剥がれている箇所や、ひび割れがある箇所には、高圧洗浄機を使用しないでください。これらの箇所を高圧洗浄すると、さらに悪化する可能性があります。

 

 5.換気扇を切る・窓を閉める

高圧洗浄を行うと、水が窓や換気扇から室内に入り込むことがあります。特に窓は施錠していないと水圧で窓が開いてしまいます。換気扇を切る、窓はしっかり施錠するなど、室内への水の侵入を防ぐ対策をしましょう。

 

・外壁塗装を検討している方・

外壁塗装を検討している方は、ぜひ高圧洗浄についても知っておきましょう。高圧洗浄は、外壁塗装の仕上がりに大きく影響します。適切な方法で行うことで、外壁を長持ちさせることができます。

 

【まとめ】

外壁を高圧洗浄する前に、上記の5つの注意点を守りましょう。そうすることで、外壁を傷めずに、効果的に汚れを落とすことができます。

また、高圧洗浄は、適切な知識と技術が必要な作業です。自信がない場合は、外壁塗装業者に依頼することをおすすめします。業者であれば、外壁の素材に合った水圧で洗浄を行い、傷みや劣化などをチェックしながら作業を進めます。

とは言え、一部の目立つ汚れだけでも何とかしたい!場合は、水に濡らした柔らかいブラシでやさしくこするだけでも、多少汚れが落ちます。こする際は、外壁材や塗膜が傷ついてはいけないので、やさしくこすって下さいね。

塗りかえ工房は、職人直営の塗装専門店です。お客様の大切な建物に、最適な提案をさせて頂きます。外壁のコケやカビ、外壁塗装や屋根塗装でお困りの際は、ぜひ塗りかえ工房にご相談ください。

 

塗りかえ工房

ショールーム:岐阜県大垣市加賀野4丁目91-1 

電話番号:0120-411696(ヨイイロクル)

メールでのお問い合わせはこちらから

店長:寺澤

 

この記事は、あくまでも一般的な情報を提供するものであり、個別の状況を考慮したものではありません。塗装工事をご検討の際は、必ず専門業者にご相談ください。

 

お問い合わせ フォーム