• HOME
  • 塗装職人ブログ
  • 【店長ブログ#09】塗装工事中は不在でも大丈夫?安心して工事を任せるためのポイント

ブログ

2024/06/28店長ブログ【店長ブログ#09】塗装工事中は不在でも大丈夫?安心して工事を任せるためのポイント

塗装工事中は不在でも大丈夫?安心して工事を任せるためのポイント

 

皆さん、こんにちは!岐阜県大垣市の外壁・屋根塗装専門店、塗りかえ工房の女性店長、寺澤です。

外壁塗装や屋根塗装など、住宅塗装工事は長期間にわたるため、工事期間中の生活に不安を感じている方も多いのではないでしょうか。特に、共働きのご夫婦や日中外出が多い方は、「毎日家にいないと工事が進まないのでは?」と心配されるかもしれません。

結論から言うと、外壁塗装や屋根塗装の工事中は、基本的には不在でも問題ありません。塗装工事は基本的に建物の外側で行われるため、施主様が在宅していなくても職人さんが作業を進めることができます。

しかし、工事によっては立ち合いが必要な場合があります。例えば、足場を架ける場所や、塗料の色を決めたり、工事後の仕上がりを確認したりするタイミングでは、立ち合いが必要となります。

 

1.外壁塗装・屋根塗装は基本的に外回り作業

外壁塗装や屋根塗装は、建物の外側で行う工事です。そのため、職人さんが室内に入ってくることはなく、お客様が在宅している必要はありません。作業中は足場を組んで養生シートで覆うため、施主様の生活に影響を与えることもありません。

もちろん、工事の進捗状況を確認したい、職人さんと直接話をしたい場合は、在宅されることをおすすめします。しかし、毎日在宅する必要はなく、ご都合に合わせて外出することができます。

 

2.立ち合いが必要な場面

ただし、工事中すべて不在で大丈夫というわけではありません。以下のような場面では、お客様の立ち合いが必要となります。

 

・足場の設置・解体

 足場の設置・解体日にそれぞれ在宅の必要はありませんが、駐車スペースを出来るだけ確保したいなど、足場の設置について要望がある場合は、事前に担当者と打ち合わせをしておきましょう。

 

・塗装の色決め

 スムーズに工事の工程を進めるためにも、遅くても足場を架ける前までには色を決めましょう。

 

・玄関ドアの塗装など

 玄関ドアの塗装をする場合は、玄関ドアを開けて作業する必要があるため、在宅している必要があります。他にも、開口部の工事は、在宅している必要がある工事がほとんどです。工事の内容によって、在宅の必要があるのか確認し、必要な場合は在宅出来るタイミングを担当者に伝えてスケジュールを調整しましょう。

 

・工事完了後の確認

 要望や、見積りの内容通りに工事が完了しているか、担当者と一緒に確認をしましょう。

 

3.不在にする際の注意点

工事期間中は不在でも大丈夫ですが、不在にする場合は以下の点に注意しましょう。

 

・鍵は施錠しておく

 工事期間中は、足場があることで二階などの高所への侵入が容易になってしまいます。換気のために開けている小窓の鍵の閉め忘れに要注意です。塗装作業中に窃盗被害が発生するケースは稀ですが、念のため貴重品は目につかない場所に保管しておくことをおすすめします。

 

・近所へのあいさつ

 施工店が、事前に近隣への挨拶と説明をしている場合がほとんどですが、自分からも一声かけておくとより安心です。

 

・担当者に緊急時の連絡先を伝えておく

 仕事中などで連絡をもらっても確認しづらい場合もあるかと思います。電話だけでなく、メールやラインなど、ご自身が連絡の取りやすいツールを活用しましょう。

 

【まとめ】

住宅塗装工事は、お客様不在でも問題なく進めることができます。ただし、立ち合いが必要な場面や、不在にする際の注意点などがあります。そして何より、信頼できる施工店を選ぶことが重要です。専門店であれば、経験豊富な職人による高品質な施工はもちろん、豊富なノウハウで要望を叶えてくれるでしょう。

塗りかえ工房は、職人直営の塗装専門店です。お客様の大切な建物に、最適な提案をさせて頂きます。外壁塗装や屋根塗装でお困りの際は、ぜひ塗りかえ工房にご相談ください。

 

塗りかえ工房

ショールーム:岐阜県大垣市加賀野4丁目91-1 

電話番号:0120-411696(ヨイイロクル)

メールでのお問い合わせはこちらから

店長:寺澤

 

この記事は、あくまでも一般的な情報を提供するものであり、個別の状況を考慮したものではありません。塗装工事をご検討の際は、必ず専門業者にご相談ください。

 

 

お問い合わせ フォーム