大垣の外壁塗装、屋根の塗装、店舗、アパート、マンション、工場、倉庫お任せ下さい!

二代目親方ブログ

HOME > 二代目親方ブログ > 工事

カテゴリー別
月別
お客様目線の塗装の塗りかえ
塗装お役立ち情報
佐々木将行の二代目親方ブログ
スタッフ紹介

工事

⑤そもそも、塗装工事ってどんなことするの?

2015年04月27日 [ 工事 ]

さて、この企画も今回で最終回です。

 

前回は、上塗りの完了まででしたね。

さあ、色も塗ったし、もう完成!……ではないんですね。

 

次は、⑦養生はがし

汚れから守ってくれていた養生をはがしていきます。それと並行して、

⑧細かい部分のチェックやタッチアップ(部分的な修正塗り)、

あとは、例えばサッシと壁との境目など、塗料がはみ出てしまった部分があれば、

きれいに掃除していきます。

この掃除、見た目の仕上がりにも直結してくるので、細部まで気が抜けません。

 

そして、⑨足場の解体です。

足場解体.jpg

養生シートも外され、足場も解体されていき、だんだんと家がみえてきます。

 

リスロン取付.jpg

足場を組む際に外していた、カーポートの屋根も取り付け完了!

 

最後に、最終的な掃除と、移動していた荷物を戻して、

T-2 完了.jpg

とうとう完成です!!

 

 

工事前と工事後を、並べてみました。

T-1.jpgT-2 完了.jpg

左が工事前で、右が工事後です。

工事前と大きくは変えない色合いにされたのですが、少し落ち着いた色合いになり、

雨どいや壁面の下の水切りも濃い茶色で塗ったので、良いアクセントとなっていますね。

 

お客様にも、大変喜んで頂けました。

また、後日お子様方が帰省された際にも、好評だったとのこと。

お客様とご縁があって、また、お客様のお役に立ててよかったです。

 

5回にわたってお伝えしてきましたが、お伝えしたい事はまだまだあります。

建物の形や材質によっても、施工過程がガラッと変わる場合もありますし、

気を付けなければならないポイントも違ってきます。

 

もし、建物の事で不安に思ってらっしゃることがあれば、お問い合わせ下さい。

決して押し売りや強引な営業は致しません。

お客様がずっと大切にされて来られた建物を、さらに守っていくお手伝いを、

私どもにさせてください。

「こんな事聞いて良いの?」と思われずに、何でも、どんな些細な事でも、

納得いくまでお尋ねください。

塗りかえは、建物にとっても、お客様にとっても、一大イベントです。

塗って後悔しないためにも、不安はとことん解消されることが大事です。

 

私ども、塗りかえ工房職人一同は、

お客様の気持ちに寄り添える、塗装工事のプロであり続けます。

あなた様とのご縁がありますように……

 

          岐阜県大垣市 塗りかえ工房 佐々木将行

④そもそも、塗装工事ってどんなことするの?

2015年04月24日 [ 工事 ]

ぽかぽか陽気で気持ち良い天気ですね。塗装日和です(笑)

 

さて、四回目の今回は、いよいよ塗りの工程に入っていきます。

前回、下地の調整をして、塗りの準備が完了しましたが、

いきなり色を塗るわけではありません。

もう一段階下地準備があるのです。

 

それが、下地材を塗る、⑤下塗りです。

下地塗り.jpg

下地材は、使われている材質によって種類が変わってきます。

何でも良いわけではなく、その材質と相性の良いものをつかうのです。

また、基本的には一度塗りですが、浸み込みが多いなど、状態によっては

もう一度かさねて塗り、壁面や素材と新しい塗料の密着をより強くします。

 

下塗りの次は、⑥上塗りです。

上塗り刷毛1.jpg

細かい部分も刷毛を使って丁寧に仕上げていきます。

 

上塗り2.jpg

広い面はローラーで塗っていきます。

 

ちなみに、上塗りの前と後がこちら。

中塗り.jpg

左が上塗り前で、右が上塗り後です。

 

また、下塗り、上塗りと並行して、壁以外も塗っていきます。

軒天塗装1.jpg

こちらは軒天井。経年劣化でプリントが剥げてしまっていましたが、

これできれいになりますね。

軒天 排気口.jpg

軒天上、喚起口のカバーも色を塗って、きれいに仕上がりました。

とにかく細かいところも丁寧に素早く塗っていきます。

見ていると簡単そうに見えるんですが、これがなかなか……

素人がやると、ムラになったり刷毛の跡がのこってしまったりして、

やはりプロでないと仕上がりに差ができてしまいます。

 

上塗りは、施工内容に応じて、2度塗り、3度塗りと重ねていきます。

また、同じ2度塗りでも、丁寧な2度塗りとそうでない2度塗りでは、

仕上がりや持ちも全く違います。

 

またまた次回に続きます。

 

          岐阜県大垣市    塗りかえ工房 佐々木将行

 

 

 

③そもそも、塗装工事ってどんなことするの?

2015年04月21日 [ 工事 ]

今日は曇り空ですね~。風が強いので皆様もお気を付け下さいね。

 

さて、前回は洗浄でしたが、第三回は何でしょうか。

 

次は③養生。

洗浄が完了し、建物全体が乾いたら、養生テープや養生シートで、

汚してはいけない部分をカバーしていきます。

養生 換気窓2.jpg 

こんな感じですね。

左側の窓が一部あいているのは、換気窓として使われる事があるとのことで、

いつでも換気できるようにです。

 

また、玄関など、人の出入りがあるドアや吐き出し窓も、

養生 玄関.jpg

この様に出入り可能です。

また、この周りを塗装するときは、一時的にふさぎますのでご安心ください。

 

養生の次は、④下地の調整です。

ヒビ補修.jpg

こちらはヒビが入っていた部分の補修です。

軒天補修2.jpg

こちらは軒天井に、一部雨水の侵入による浮きやはがれがあったので、

そちらの補修中です。

 

この他に、コーキング部分が劣化している場合は打ち増しや、打ち替えをしたり、

サビがういている部分はヤスリなどできれいに取り除きます。

内容は、建物の状態によって変わってきます。

 

いくら上から新しい塗料を塗っても、古い塗膜が剥がれかかっていたり、

割れなどが酷ければ、持ちや効果も激減してしまい、仕上がりも美しくありません。

悪い部分は取り除き、欠けている部分は補修します。

 

お化粧で、スキンケアや下地をきちんとすればお化粧が長持ちするのと同じで、

家にとっても下地調整がとても大切なのです。

 

今回はここまで。

次回はいよいよ塗りの工程に入っていきます。

 

          岐阜県大垣市    塗りかえ工房 佐々木将行

 

 

 

②そもそも、塗装工事ってどんなことするの?

2015年04月17日 [ 工事 ]

 やっと暖かくなってきたのに、連日の雨で気分が滅入りますね。

春の雨は、木々や花々にとっては恵みの雨ですが、我々には悩みの種です。

工期が延びて、お客様にもご心配おかけしてしまいます。

早く心地よい春の陽気に戻ってほしいものです。

 

さてさて、第二回ですが、

前回は足場シートで覆った所まででした。

 

次の工程は……

洗浄機.jpg

②建物の高圧洗浄(水洗い)です。

右の容器に水を一旦ため、そこから吸い上げて、左の高圧洗浄機で圧をかけて噴射します。

この工程は、雨の日でも実施することができます。

 洗浄の水は、高圧で噴射するため結構飛ぶので、ご近所様の洗濯物などは大丈夫?と心配してしまうところですが、

ある程度は足場シートで飛散を防ぐことができますし、ご近所様には前もって日程をお知らせしてご説明させていただきますので、ご安心ください。

 

壁洗浄.jpg

さあ、壁や屋根など、建物全体を洗浄していきます。

高圧で噴射された水で洗浄することで、外壁や屋根の取れそうになっている塗膜やゴミ、年月とともに付いてしまうコケや汚れを取り除いて、きれいにします。

これにより、壁や屋根などの素材と塗料の結合が強いものとなります。

この洗浄が不十分だと、塗りかえ後のはがれなどの原因となるので、

とても大事な下準備なのです。

 

リスロン洗浄2.jpg

こちらのお宅では、足場を組む際に、玄関前のカーポートの屋根を外させていただいたので、カーポートの屋根も洗浄しました。

ご家族様にも喜んでいただけました。

 

コンクリート洗浄.jpg

最後にこの写真。

カーポートの床のコンクリートも洗浄したのですが、

毎日通られることや、日々の雨等によって積もった汚れが、スッキリしました!

こちらも喜んでいただけて嬉しい限りです。

 

今回は洗浄だけで終わってしまいましたが、工事はまだまだ続きます。

次回は第三回をおたのしみに!

 

          岐阜県大垣市    塗りかえ工房 佐々木将行

 

そもそも、塗装工事ってどんなことするの?

2015年04月13日 [ 工事 ]

「 我が家の壁もそろそろ塗りかえ時期かしら…?

でも、そもそも塗装工事ってどんなことするのかしら?

言葉で聞いてもなかなかイメージできないわ…。」

 

そうですよね、初めて塗りかえされる方などは、特に心配だと思います。

そこで、今回から数回にわたって、住宅一軒のビフォー&アフターを、

途中の工程の写真と説明付で載せていきたいと思います。

 

それでは早速、いきますよ~!

T-1.jpg

 

こちらは大垣市のT様邸です。

築30年のお宅で、今までも細かなメンテナンスはされてきましたが、

外壁すべて塗装されるのは初めてです。

いよいよ着工ということで、ご家族様も、ドキドキ、ワクワクしていらっしゃいました。

 

工事着工前に大切な事があります。

それはご近所様へのご挨拶です。

工事期間中は、匂いや音など、どうしてもご近所様にご理解とご協力をいただくことが必要となります。

当店では、着工前にご近所様へのご挨拶をさせて頂いております。

特にお隣様へは、足場を組む際にご協力をお願いする場合もありますので、場合に応じて工事内容など説明させて頂き、ご理解いただいてから着工いたします。

 

さてまずは、①足場掛けですね。

足場を組む際に、足場掛けや塗装の障害となってしまうお荷物などを移動させていただき、汚れないようにビニールなどで覆います。

足場掛け2.jpg

長い管や短い管など、様々な足場材を使って、

まるでパズルのように着々と足場が組まれていきます。

ご近所の方も、散歩がてらにしばらく見物されていました。

 

足場が組めたら、

足場シート.jpg

洗浄の水や塗料などが飛んでいかないように、シートで建物全体を覆います。

玄関など、お客様が出入りされる部分は明けておきますのでご安心ください。

 

こちらのお宅では朝8時頃に足場を組みはじめ、夕方3時頃完了しました。

足場が組み終わると、いよいよ工事が始まるぞ!という気がしますね。

 

第2回に続きます。

 

          岐阜県大垣市    塗りかえ工房 佐々木将行

今日の現場  屋根、外壁塗装 岐阜県大垣市

2011年10月26日 [ 工事 ]

いつもありがとうございます。

今日は大垣市で3件の塗装工事を行っています。

 

20111027.jpg

この現場は、ようやく工事の半分が終わったところです。

 

写真に見える正面部分はほぼ完了ですが、この裏にも本宅部分があるのでまだ半分なのです。

 

このお客様は、隣接しているお客様のお宅の外壁塗装をさせていただいているとき、

「雨樋が詰まって気になるから見てもらえないかな?」

と声をかけていただき、早速はしごを使って樋の中を掃除させていただきました。

そのご縁もあり、またお隣さんの外壁塗装をみて、

大変気に入っていただきお声掛けいただきました。

ご縁をいただいて約1年半、大変ありがたいご縁です。

 

実は、私にとっても、職人たちにとっても、このように仕事を見てくださって、

選んでいただけることが、本当にありがたく誇りにもなります。

 

もし、どこかで塗りかえ工房の職人を見かけたら、遠慮なくお声掛けください。

 

 

 

 

 

1
お電話でのご相談は0120-411696まで メールでのお問い合わせはこちら